車は必要か?

若者・若年層の車離れ


最近、若者の車離れが進行しているそうです。

私たちの学生時代は、こぞって自動車学校に行っていた気がします。

将来的に車を持つだろうと考えていましたし、社会人になる前に免許を取りたいと思っており、比較的時間が取れる学生の時に免許を取りに行きました。

実際、社会人になって車を使用することになり、とても役立ちましたし、職場に通うのに、車通勤をしていました。

最近の若い人たちは、そもそも免許自体取らない人も増加しているそうです。特に、東京などの都心部の方が多いようです。

確かに、都心部の仕事の場合、交通機関が充実していますし、仕事でも車は使用しなくてもよいかもしれません。

自分でも、車を使用しないなら、そもそも免許もいらないのかもしれません。

なぜ、若者の車離れが起きているかというと、一番は金銭的な問題のようです。

車を持つには、購入費がかかります。それから、保険や駐車代、燃料代などの維持費がかかります。

もちろん、たくさん車を使用するなら、それくらいかかっても車が欲しいと考えるのでしょうが、都心部に住んでいる場合、頻繁に車を利用しなくとも、生活は十分に充実します。

そういったこともあり購買意欲が減っているのかもしれません。

昔ほど車を持つこと自体に魅力を見いだせないというのもあるようです。

以前、車を持つことは一種のステータスだった時代があります。

しかし、今はそうではないようです。
この傾向は、若者だけに限ったことではありません。

車所有者の中では、軽自動車が人気だそうです。
これも、ステータスより実用性を求めるようになったのだと考えます。

車の普及率は、単身世帯の場合、減少傾向が強く、家族がいる世帯や子供がいる世帯では、それほど減少していないようです。

1人で利用するよりも、費用面で採算が取れて良いと考える人たちが多いのでしょう。

都心以外での普及率は、特に減少傾向というわけではないようです。

車を持つか持たないは、生活する環境にもあります。

もし、都心部で暮らすのであれば、車のない生活が経済的には良いと考えます。