車は必要か?

車の便利さ


たしかに、車はとても便利な乗り物です。

交通機関が発達したとはいえ、充実していない田舎や自然の多い場所もあります。

そういった場所で生活している場合、移動手段はやはり車になりますし、生活するために必要なものだと言えるでしょう。

こういった場所では、交通機関が、生活の場所から離れていたり、待ち時間が長時間になってしまったりする場合があります。

生活の為に必要な食料品や日用品を売っている場所が、交通機関で行ける場所になかったりします。

こういった場合は、車がないと生活が困難になるでしょう。

また、子供や高齢者がいる世帯では、車の必要性を感じられるでしょう。

小さな子供を抱えて移動するのは、大変なうえ、2人以上の子供がいる場合は、目が行き届かなることもあります。

交通機関は、混雑することがあります。

混雑している車内ではベビーカーの使用をなかなか理解してもらえないこともあります。

こういったことは、まだまだ交通機関の改善の余地があると思います。

子供が泣き喚いたりして、気を使うことがあります。

そういった場合は、車の方が、自分たちだけの空間を作ることができ、遠慮することもいりませんし、子供をそばで見守ることもできます。

高齢者などの要介助者が家族にいる場合も車は便利です。

公共の交通機関では、いろいろと障害物があり、まだまだ不便で危険なところがあります。

車の場合、専用のシートや車椅子用のスペースなど充実した福祉車両もあり、公共交通機関を利用した時に感じる不便さを大幅に軽減することができます。

大きな荷物や重い荷物を運ぶ際は、交通機関では疲れてしまします。

バスや電車で大きな荷物を持ち運ぶことは、他の利用者にも迷惑をかけてしまいかねません。

この他にも、車には、良いところがあります。

公共の交通機関では、経路が決まっていますが、車の場合、自分の行きたい場所に、自由に行くことができます。

車の場合、交通機関が通っていないところにも行くことができ、景色を楽しみながらドライブすることも可能です。

交通機関では、他人と一緒に乗り物に乗ることになります。プライベート空間があるのも車の良さです。